手作り餃子

 こんにちは。

餃子を手作りするのはめんどうだけど、手作りが安心。

「みんなのきょうの料理」のサイトにあるプロのレシピを参考にして作ってみたら

美味しくできました。

 

www.kyounoryouri.jp

 

手作り餃子の味付けに工夫されたレシピ

  • 栗原はるみ先生やプロの料理人が、にんにくのみじん切りをあらかじめ油で炒めて冷ましたものを餃子餡の中に混ぜ込んでいるレシピ。
  • チキンスープ(顆粒)を大さじ1程を、大さじ1程のお湯に溶かして餡に入れている。
  • 餃子餡の味付けにオイスターソースを入れている。
  • 水で戻した干しえびのみじん切りを、戻し汁と一緒にいれているレシピ。 

 

プロのレシピを参考にやったこ

  • にんにくのみじん切りをごま油で炒めて冷ましたものを餃子餡に足した
  • 酒、醤油、塩などあらかじめ調味料を小鉢にセットしておき、チキンスープの顆粒も足した
  • 餃子餡にオイスターソースを少々入れた
  • 豚ミンチに調味料を入れた時点で粘りがでるまでよく混ぜた
  • 熱湯カップ3分の2ほどを入れて蒸し焼きにする
  • 最後にごま油をまわしかけて焼き色をつけてパリっとさせる

材料(餃子20個分)

豚肉ミンチ 100g

ニラ 2〜3本

キャベツ 1枚

白菜 1枚

白ネギ 10cmくらい

しょうが(みじん切り)

にんにく(みじん切り)

 

調味料 (味付けはお好みの分量で)

醤油

オイスターソース

チキンスープ(顆粒)

コショウ

ごま油

 

下ごしらえ

キャベツと白菜は塩をかけて10分程おき、さらしで水気を強く絞る

 

 餃子餡がまとまったら、ラップして冷蔵庫で20分程休ませる。

(味がなじむそうです)

 

 

つなぎにする片栗粉がなかったので、今回は入れなかったけれど全く問題なかった。

プロのレシピには入れたり入れてなかったりだからどっちでもいいみたい。

 

f:id:aoisora123:20170930182415j:plain

皮で餃子餡を包む時は、空気を入れないこと、

両端を親指で押さえ、人差し指でしわを作るといいらしい。

 

f:id:aoisora123:20170930182426j:plain

薄く油をひいたフライパンに餃子を並べて、中火の強めでフライパンを熱する。

熱湯もスタンバイさせておく。

フライパンが熱してきたら、熱湯をそっと入れて蓋をする。

数分の間、蒸し焼きにする。

 

蒸し焼き中は蓋を開けない方がいいらしいが、確認したくて蓋を2〜3回開けたが、問題なかった。 

 

f:id:aoisora123:20170930182440j:plain

水分がだいぶ減ってきたので、ごま油をまわしかけて、焼き色がつくまで蓋を外したまま焼く。

 

しばらくするとパチパチとした音とともにきつね色になってきたようなので焼けたのを確認。

 

f:id:aoisora123:20170930182452j:plain

美味しそうな焼き色がついた餃子の出来上がり。

 

 

f:id:aoisora123:20170930182502j:plain

餃子のタレがなくても味がしっかりついているのでそのまま食べても美味しい。

タレはオーソドックスに黒酢と醤油です。

タレの中にお好みで豆板醤を入れるといいらしいので入れてみた。

辛いのが好きな人にはいいかも。

 

 

味付けに使ったのは、無添加の調味料

 

ナチュラルハウス」で売っている"ベジタブル中華ブイヨン"と、

オイスターソースを使った。

 

f:id:aoisora123:20170930183922j:plain

  

光食品 オイスターソース 115g

光食品 オイスターソース 115g

 

 

ナチュラルハウスのオンラインのサイトなら、会員登録すると購入できます。

(生活雑貨、食品、化粧品などいろいろ)

www.naturalhouse.jp

 

 

他にも無添加の顆粒だし。

オーサワのだしの素3種セット(野菜ブイヨン・中華だし・昆布濃縮だし)各2個づつ

オーサワのだしの素3種セット(野菜ブイヨン・中華だし・昆布濃縮だし)各2個づつ

 

 

 

「餃子のタレ」「焼きそば」「焼き飯(チャーハン)」「パスタ」「麺類、スープ類」に、ナンプラーを少し入れると美味しいらしいので。

 

時々いく信頼のおける自然食品店で売っていたので買いました。

砂糖と添加物が入っていない、グルテンフリーのナンプラー

(このナンプラーの香りは上品です。たまに香りが臭くて主張しすぎるナンプラーがあるけれど、これなら使いやすい)

item.rakuten.co.jp

 

餃子のタレについて紹介されている。

「ポン酢+ナンプラー」はいつか試してみたい。  

www.hotpepper.jp

 

便利な道具

 

餃子餡を皮にのせる時、シリコン製のスパチュラが便利。

肉など使った後は熱湯消毒も忘れずに・・・。

 

 

 

 

身体に安心なフライパン 

身体に有害な物質を含まないコーティングが施されているフィスラーのフライパン。

重たいのですが、"焼きそば"を作る時、こびりつかないので楽です。

熱が安定して伝わるので中火でじっくりと火が通る。

これならパエリヤ、すき焼きもそのままテーブルに出せる。

でっかいスペイン風オムレツ(トルティージャ)も。

お店のスタッフの方は7年ほど使ってるそうで、上手に使えばテフロン加工のフライパンより長く使えそう。

 

 

 

長く使う為のフライパンの扱い方

  • 熱したフライパンを使用後に、すぐに水につけない。急速冷却しない。
  • 冷めてからフライパンに水を入れて30分ほど置けば、汚れが浮き上がるので擦る必要がない。
  • 空焚きをしない。
  • 強火は不要。 強火で調理せず、中火で調理する。
  • 金属製のヘラを使わない。



フライパンの蓋は付属のガラス製も売ってましたが、フリーサイズ対応の蓋を使いましたが問題なく焼けました。

 

 

余った餃子の皮の使い道に迷った時は

スープや揚げたり、ピザの土台とアレンジがあるそうです。

cookpad.com

 

これから寒くなってくるので、手作り餃子など、身体を温める料理に転換。

いじょう。