40代(OL)つぶやくブログ。次の目標はフランス一人旅。のんびりフランス語を勉強中。

スペイン巡礼:【Day 6】Cirauqui → Villamayor de Monjardin (24.3km)

【5月25日(木)】

 

天気は晴れ。

 

日中は暑いので、夜明け前の5時45分に出発した。

ヘッドライトをつけて歩いた。

f:id:aoisora123:20170918102200j:plain

 

しばらく歩いて後ろを振り返る。ライトアップされたCirauquiの町がキレイだった。

f:id:aoisora123:20170918102213j:plain

イタリア人夫婦はここから36.7km先にあるLos Arcosまで行くそうだ。

私にはとうてい歩ける距離ではないので行けるところまで行こうと思っていた。

前日は15kmしか歩いていないので体力は回復している。

f:id:aoisora123:20170918102225j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102238j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102251j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102307j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102320j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102336j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102356j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102413j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102428j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102446j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102503j:plain

 

 

f:id:aoisora123:20170918102518j:plain

「北のトレド」と呼ばれる美しい古都の町、Estella に着いた。

Estellaはスペイン語で「星」の意味。

12世紀にナバラ王国の宮廷が置かれた。

エステーリャ - Wikipedia

 

町に入ってすぐにサン・ミゲル教会(Iglesia de San Miguel)がある。

12世紀建造のロマネスク様式の彫刻で有名。

 

f:id:aoisora123:20170918102534j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102548j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102605j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102621j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102634j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102649j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102703j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102725j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102743j:plain

 

 

 

サン・ペドロ・デ・ラ・ルア教会(Iglesia de San Pedro de la Rua)。

階段を上るのがしんどいのとツアー団体がいたので、通り過ぎた。

後で同じ宿になった人から、素晴らしい回廊があったと聞いて、行けばよかったと後悔した。

f:id:aoisora123:20170918112251j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102759j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918112455j:plain

川沿いのバル。

休憩しようかどうか様子見で店内を見せてもらった。

f:id:aoisora123:20170918112509j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918112521j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918112534j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918112547j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918112702j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918112723j:plain

旧市街を出る門まできた。

 

f:id:aoisora123:20170918112742j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918112800j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918102815j:plain

 

イラーチェ修道院にある有名な"ワインの泉”。

蛇口をひねると赤ワインが出てきて誰でも飲めるというもの。

巡礼者のブログでもたくさん紹介されてて、自分もここへ来たとき、「ここだったんだ」と嬉しくなった。 

RoncesvallesとUtergaの宿で会った香港からの二人組のJさんとRさんに再会。

お二人が次々にくる巡礼者を泉の前で記念撮影してくれていた。

私も持っていた水筒のキャップに蛇口をひねって出てくる赤ワインを注ぎ入れ、記念撮影して頂いた。

味は今までに飲んだ赤ワインの中でもとても美味しく感じた。

www.irache.com

現在地はこの辺り。

 

 

f:id:aoisora123:20170918112815j:plain

 

坂道を上がったところにある木陰で巡礼者たちが休憩していた。

香港のJさんとRさんもいてしばらくみんなと休んだ後、また歩き出した。

f:id:aoisora123:20170918112934j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918112952j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918113021j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918113036j:plain

 サクランボの実。

f:id:aoisora123:20170918113058j:plain

 標高894mのMonjardinという町の名前の由来となっている山。

この山のふもとに次の町がある。

f:id:aoisora123:20170918113119j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918113140j:plain

暑くて疲れたので今日はこの町に決めた。

町の名前が長くて覚えにくい。ビジャマヨール・デ・モンハルディン。

アルベルゲは2つしかない小さな町。

バルも少なく、アルベルゲの受付までバルでモストを飲んで休んでいたら、Cirauquiでディナーが一緒だったフランス人と再会。

カメラを向けるとお茶目にポーズをとる。さらに次の町まで行ったのでフランス人と会ったのはこれが最後だった。

f:id:aoisora123:20170918113201j:plain

 

Cirauquiの宿が同じだったスウェーデンからきた24歳のYさん。 

f:id:aoisora123:20170918113218j:plain

 


 公営のアルベルゲ(8ユーロ)は受付待ちの列で多くの人が待っていた。

人が少ないアルベルゲが落ち着くので、もうひとつの私営アルベルゲを見に行った。

受付が終わったばかりの台湾からの巡礼者Tさんが、

「ここはまだベッドが空いているよ」と教えてくれた。

15ユーロと割高のアルベルゲだけど、静かでのんびりできそうなので決めた。

先ほどの公営のアルベルゲのスタッフと違い、テキパキと受付をしてくれて、ベッドも確保し、汗まみれになった服を取り替え、シャワーを浴びて洗濯できた。

南アフリカからきたJさんとも自己紹介し、夕食を3人で一緒に自炊して作ることにした。

夕方になるまでベッドで横になり、台湾のTさんは足の豆を自分で手当していた。

 

台湾のTさんは、20年前にテレビか本でカミーノを知っていていつか歩きたいと思っておりようやく念願かなったと話していた。

勤務している会社の上司から休暇をもらえ6月21日頃にパリから帰国しなければならない為、豆だらけの足で血を流しながら頑張って歩いている。

サンジャンピエドポーでは1泊する人が多いと思うが、彼女の場合は時間の余裕がない為、バイヨンヌからサンジャンに列車で移動し巡礼事務所で受付してそのまま朝10時に巡礼を開始した。

多くの人が朝6時から8時までにはピレネー越えに出発する為、朝10時に歩き出したTさんは最後まで他の巡礼者と会うことがなかったという。

”あ!やっと人がいた!”と思って近寄ったら、牛や羊だった。

歩いても歩いても人がいなくて心細かったそうだ。

18時にアルベルゲに到着した時は、一番遅い到着だったようで、まわりから拍手で迎えてくれたそう。

毎日彼女は30km以上の距離を歩いてきていた。

仕事を辞めずに巡礼にくる人も多かったけど、やはり歩くノルマが決まってしまうのと、どうしても無理をしないといけないため、精神的にも辛そうだった。

 

南アフリカからきたJさんは、仕事は辞めずにきているけれど、休暇は3週間だった。あまり歩くのが早くない彼女はブルゴスからレオンまではバスで移動していた。それでも距離を稼ぐ為に1日に40km歩いた日もあったと後で再会した時に話していた。

 

この日も窓を全開して風を感じながら眠った。

アルベルゲのすぐ隣の教会は、毎時間ごとに鐘がなり、目が覚めた。

 

【アルベルゲ】

・15ユーロ

 

当時の日記です。

ameblo.jp