スペイン巡礼:持って行ってよかったもの

巡礼で持って行ってよかったもの。

巡礼前に道具一式をモンベルで揃えた為、紹介する商品はモンベルが多くなってしまいましたが他のメーカーでも似たような商品はあると思います。

 

1位:ジオラインという素材の下着

  

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.トランクス Women's 1107497 PKBG ピンクベージュ L

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.トランクス Women's 1107497 PKBG ピンクベージュ L

 

 巡礼中はシャワーを浴びる時や前後に石けんで手洗い洗濯していました。

速乾性があり、軽くて、かさばらない。

2枚持って行き、3ヶ月の旅で最後まで十分でした。

 

 

2位:スタッフバック

 

私は青、シルバー、黄、紫色の5リットルタイプを持って行きました。

青色に服を、紫色に靴下やゲーターなどのアイテム。

黄色に洗面用具などの一式。シルバー色にモンベルの寝袋。

防水なのでザックが雨に濡れても慌てなくてよかった。

モンベルの寝袋を購入した時のナイロンケースが小さいので毎回出し入れ時に時間がかかりそうなのと、寝袋が万が一破損しては困るので、ゆとりのあるスタッフバックに移し替えて使っていました。

 

巡礼中は、バックパックから必要な物を出し入れすることが多く、ベッドの上はバックパックの中の荷物が散乱状態になりやすいです。

全部取り出さなくても、このスタッフバックに入れて、バックパックに縦に縦に押し込んでいくと、デッドスペースも減り、荷物が安定して入るのと、取り出しも楽でした。

参考になったのは高橋庄太郎さんの本と動画です。

 

山道具 選び方、使い方

山道具 選び方、使い方

 

 


高橋庄太郎さん バックパッキング

 

3位:帽子

 

好みの形に変形できる大きなひさしを持った日除け用ハットです。コンパクトに折りたたむこともでき、パックなどに入れて携行するのにたいへん便利です。

変形が自由自在で軽く通気性もいい。

使わない時はバックパックのポケットに小さく折り畳んで入れておき、すぐに取り出せる様にしていた。

後頭部が暑い時は、ひさしをそこだけ下ろしたり、風を通したい時は上へ折り曲げたり。

右側ばかりに太陽の日差しが強い時は、右のひさしを下ろし、左側は風が通る様にひさしを上に上げたり。

前からの日差しが強い時はひさしを下ろし、眩しくない時はひさしを上げて視界をよくしたり。

風が強い時は、ひさしを全部下ろして顔の輪郭に沿わせたり。

汗をたくさんかきましたが、臭いや汚れもつきにくかった。

 

4位:ナイロン製の薄手のパンツ

f:id:aoisora123:20170815120259j:plain

 

パタゴニアの薄手のパンツを2枚持って行きました。

1つが190gくらいの重さで軽くてかさばらず、これもシャワーの前後に手洗いし、一日で乾きました。

(スペインの6月は暑くて乾燥しているので数時間で乾くことがほとんどでした)

アウトレット商品を扱う店舗で購入したので値段も5,000円程度だったと思います。

普段の山歩きの時も重宝しています。

寒い時はアンダーウェアを重ね着していました。

 

 5位:財布として仕切りが3つあるポーチ

 

f:id:aoisora123:20170815120315j:plain

100円ショップで購入しました。

仕切りが3つあるのを探していて、100円ショップで丁度いいのがありました。

  1. ある程度の大きさがあること。お札は折らずに入れらる。
  2. 中身が透けて見えない。
  3. 安っぽくてかさ張らず軽い。

慣れない外貨をまとめる時に、一番下に単位の小さいコイン、真ん中に単位の大きいコイン。メインのところにはお札やクレジットカード、レシート等を入れてました。

レシートやカード類は100円ショップで購入した小分けビニールに入れてまとめていました。支払い時も慌てずにお金を取り出せます。

 

 

小分けのビニールについては、チャック付きのものが100円ショップにもたくさんありました。 こんな感じのビニールの小袋です。

 

財布にカルビナをつけて、ゴム紐でリュックサックに結んでいました。

万が一、スリにあっても大丈夫なようにしてました。

また、リュックサックの中から財布を取り出す時も、ゴム紐を引っ張って財布を取り出すこともできたので、カルビナとゴム紐は装着して良かったです。

ゴム紐はアウトドアショップで量り売りのものを買いました。

 

 

 

6位:クロックスのパンプス

  

 

私が持って行ったのは画像のものとは違い旧商品ですが、合成樹脂のパンプスです。

ビーチサンダルの方がほとんどで、私も途中でビーチサンダルを買って、パンプス型の靴を捨てようかと思ったことが何度かありました。

ですが私の場合、ビーチサンダルで足の指が擦れて痛くなるので、やはりパンプス型でよかったです。

シャワー時や室内で使い、たまに街歩きでも履いていました。

 

7位:ジップロック Lサイズ

 

 

ノートや途中で購入したポストカードを入れたり、溜まったレシートをチャック付きの小さなビニール袋に入れた後に、このジップロックに入れたりしていました。

10枚程持って行ったと思います。

海外でも購入できるだろうから要らないかと思ったのですが、巡礼中も巡礼前後も、ジップロックは見かけませんでした。もっと薄いペラペラしたビニール袋が多かったです。

途中で破損してくるので10枚あってもほとんど使い切っていました。

セロテープで補強したりして使ってたこともあります。

 

要らない物もあった

実は、あまり使わなかったので持って来なくてもよかったというアイテムもありました。

靴選びも難しいです。

いつか書いてみたいと思います。

 

巡礼は速乾、軽量のアイテムにして少しでも荷物を軽くしないと辛いです。

時期やエリアによって雨が多いときもあります。

洗濯と乾燥機は宿にもあったりしますがほとんどが有料です。

特にジオラインのショーツは扱いが楽なので、石けんでの手洗いで十分でした。

綿のショーツはもう要らないと思うくらいです。

 

巡礼に行かれた方のブログが大変参考になりましたので、私も書いてみました。

こちらにもブログのリストがあるので参考になさってみてください。

ameblo.jp

 

では。