読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る前の「ありがとう」

寝る前に

そうだ。あの本に書いてあったことを実行してみようと思いついた。

 

 

本の中で、著者がアメリカ駐在時にワークショップに参加した話があり、

「お父さん ありがとう!! お母さん ありがとう!!」と参加者全員で何回も繰り返し声を出すワークがあったそう。

著者は、これに何の意味があるんだろうと内心冷めながらも声を出していたら、

その晩、不思議な体験をされたという。

 

 

 

似た話は他に記憶している。

あるヨガの先生が、寝る前に「ホオポノポノ」をしようと思いつき、

周りの人たちの顔を1人ずつ思い浮かべて、ホオポノポノをしていた。

ある親友の笑顔から「おめでとう!」って思いもよらないメッセージが返ってきていたので驚いていた日記があった。

「おめでとう!」って何!?と思ったらしい。

 

確かに・・・気になる・・・なんで、おめでとう?? (笑)

 

 

「感謝」「ありがとう」

 

 

寝る前に

「お父さん ありがとう。 お母さん ありがとう。お兄ちゃん ありがとう。親戚のの〇〇ちゃん ありがとう。 〇〇ちゃん ありがとう。〇〇君 ありがとう。(職場の人たちの顔を思い出し)〇〇さん ありがとう。 植物 ありがとう。海 ありがとう。太陽 ありがとう。風 ありがとう。動物 ありがとう。」

 

どんどん出てくる。

 

「わたしの足 ありがとう。私の足の指 ありがとう。 私の手 ありがとう。私の足の裏 ありがとう。私の血管 ありがとう。 私の太もも ありがとう。私のリンパ ありがとう。私の骨 ありがとう。私の皮膚 ありがとう。私の 小腸 ありがとう。私の心臓 ありがとう。」

 

ものすごく 穏やか、安らかな気持ちになってくる。

特に、自分の身体、内臓への「ありがとう」の言葉のときから。

その後、すぐに眠ってしまった・・・

 

気のせいか、よく眠れた。

 

嫌なことがあったり、

何か自覚のないストレスがあったりすると、

睡眠にも影響はあるらしいけど。

 

眠れない時は、、、

薬を飲むとか

カウンセリング受けるとか

病院へいくとか、

体を動かすとか、

ドカ食いするとか、

お酒を飲むとか、

朝まで起きておくとか

みんなそれぞれに自分にあった方法や思い込みがあると思う。

 

でもこれ、

まったくお金かからないし、時間も取らない。

お風呂上がりにストレッチして、

布団に入って数分唱えてたら、

気持ちよく寝ていた。

 

ヨガニードラみたいなものなのかもしれない。

www.yoga-gene.com

 

 

一般的にヨガクラスでは、ヨガをした後、最後にシャバアーサナをする。

この時間が長いと、

夢の世界に入ったり、

イビキをかいて爆睡したり、

違う世界に飛んだり、

至福のまどろみを体験する。

 

だいぶ前にシャバアーサナ中、ある外国の景色が出てきたことがある。

そして「その国へ行きたい」と強くこみ上げてきた。

そんな鮮明なイメージや思いはあれからほとんどないのだけど。

 

シャバアーサナは100%、心地いい時間を過せる。

シャバアーサナに外れなし。

だからヨガリトリートって好き。

お寺でリトリートなんて、シャバアーサナ体験したくて行ってるようなもの。

ヨガの何が楽しいのか?って、そりゃ、シャバアーサナ

固まった筋肉、筋を伸ばして、ちょっと無理して、呼吸が荒くなったけど、

最後のシャバアーサナでご褒美がくる。

ヨガで全身に気の流れを送り込み、生命エネルギーが活性化する。

アーサナを見よう見まねでやっている時に、意識は完全に今に集中する。

「みんなみたいに柔らかくないし恥ずかしい」とか、最初はエゴがささやいてくる。

だけどヨガしているときに、誰も他人のことなんて興味ないから(笑)

みんな自分と向き合うことに必死だから。

口うるさい不安神経症な左脳のエゴが、大人しくなってくる。

 

 

ヨガの先生が、

「足を〜 リラーーーーックス。 膝の〜ちから〜抜いて〜 顔をゆるめて〜」

とか全身を、一つずつ順番に言ってくれると、

そこに自動的に意識が飛んでいき

いつのまにか日常に忙殺されていた自分が、

自分の身体、中心に戻ってきた感覚になる。

瞑想みたいなもの。

ものすごく疲れているのに、疲れすら自覚のない日々を過ごしていると

瞑想した後に、どっと疲れがでてきたりする人もいる。

 

体や内臓は酷使されて、ある意味、本人によって虐待されているけど、

本人が気づかなかったり、それを見ないふりしていると、

病気やいろんな症状としてSOSを出してくると思う。

 

 

シャバアーサナ中は、

過去の嫌なことも、将来の不安も、その瞬間は存在しない。

このような状態が、日常で少しでも保てて行くと、

何かが変わってくると思う。

 

 

f:id:aoisora123:20170402101853j:plain