読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕組んでくれた出会い

国内

こんにちは。ジョーです。

京都の四季を、今を感じる一日をたっぷり過ごせて幸せなので、この幸せがほんのり残っている間に記事を書きたいと思いました。

 

f:id:aoisora123:20170129104014j:plain

そういえば、職場の同期で1歳下のあの子。彼女が退職してからほとんど会えないけど、その子と一緒に京都の鞍馬寺へ行った帰り、「ジョーさんは京都にいるときが一番元気で嬉しそうですね」みたいなこと言われた。

彼女はとっても鋭いのですね。わたしがわかりやすいキャラというのもあるかもしれません。わたしは昔から嘘をついても誰にでもすぐバレるタイプなので嘘はつかない(つけない)人間であるということもお見通しなのかも。

彼女とは読んだ本の傾向が同じところが一部あって嬉しくていろいろお話できた。彼女にはいろんな苦労や苦悩があって苦しんでいた時期もあったと聞いた。だからこそ、繊細で人の気持ちも察することができる芯の強い人なのだと思うこともあったし、一人で過す時間を何よりも大切にしていた。彼女の口を通して私に真実を告げてくれたメッセージも後になって本当だったと気づきを与えてくれた。

ふたりの占星術のチャートが似ていて驚いた。彼女にそれを言うと「別に・・」という感じだったけど。チャートが似てる人って意外といないんだってば、と言ったんだけど(笑)

 

最近、仲良くなる人は、必ずわたしと興味の傾向が同じ部分がある。関心、考え方、人生観みたいなこと。

仲良くしてくれる人に、ある話題を振ると必ずだんだん乗って話してくれる。その話題は私も学びや気付きを与えてくれるので楽しい。私は「へえ!!」と驚く。やっぱり!!と確信する。

 

そんなこんなで、宇宙は出会いもちゃんと仕組んでくれているのだから、宇宙を信頼して、信じてやりたいことをやればいいのかと思えるようになった。

人生で起こる出来事は、ある程度、仕組まれている。既に決まっている。

そういうこと、何かで読んだか聞いたりした。

そう思ってしまえば、ポジティブに自分がやりたいこと、楽しいと思えることに向かえばいい。

我慢してわざわざ耐えながら嫌なことしてても、誰もそのことで幸せにできないんだったら、自分が幸せであることで誰かの幸せにつながるんだから、幸せであると気づけるような何かを見つけたり、意識を変えたり、自分を見つめ直したり、ちょっとした日常を変えたりもいいかもしれない。

「幸せは今ここにしかない。過去にも未来にもない」という言葉。

謙虚で控えめな素敵女子がいるとする。幸せになることに罪悪感を持ったり、自分さえ我慢すればいいのかと諦めたりすることは、結果的に誰も幸せにできない法則になっていたら、もう我慢しなくていいよって思える。

そこにとどまろうとするエネルギーは、前進するエネルギーに変えた方がいいのは誰でも無意識に知っている。行動に限らず。

 

宇宙は拡大と成長の法則から、私たちの意志とは関係なくいろいろなことを仕組んでいて、それが人それぞれの人生と絡み合いタペストリーになっているらしい。

「ゆだねるということ」という言葉。

わかった様に思えたけど、また忘れている。

 

 

京都の写真をいくつかアップしました。↓

この記事の亜麻仁油amazonでも売ってました。

note.mu

 

 

 

読んで頂きありがとうございました。