読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買ってよかった小道具(調理)

こんにちは。ジョーです。

 

先日、彼氏から「キャベツの千切り、なんでこんなに太いの?俺が千切りしようか」と言われました。

ズボラな私はとんでもないキャベツのざく切りを出していたようで。

切ったあとのキャベツを水にさらすことも忘れてました。青臭く歯ごたえありすぎて、ウサギのように食べてました。確かに美味しいとは思えない。

スライサーを買いました。

キャベツの千切りができるものと、人参などの細切りができるもの2種を買ってみました。 

愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ

愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ

 

 

f:id:aoisora123:20170108235749j:plain

ふんわりしたキャベツの千切りができます。

芯の部分は幅は大きくなるけど、厚みが薄いので食べててゴワゴワしません。

なによりも、キャベツのほんのりした甘みもよくわかる。

(多少、キャベツの切りくずが飛び散ります)

 

細切りスライサーで、人参をトライしました。

f:id:aoisora123:20170108235942j:plain

人参の細切りの出来具合と時短が嬉しい

ひじき煮がこんなに美味しくなるとは!

ひじき煮は、ひじきと切り干し大根だけで作ってましたが、これからは

いろいろ余った野菜の細切りを入れてみよう。ひじきだけだと、味が磯風味過ぎて辛いときがあるので。

(写真はついでに余っていたレンコンもざく切りで入れてます)

 

無印良品のステンレス製のボウル 

無印良品です。時短におおいに活躍してくれるステンレスボウルです。ボウルなんてどれも同じと思ってましたが、買って正解でした。

f:id:aoisora123:20170109000524j:plain

薄くて軽い。ちょうどよい容量で安定感がある

私の狭いキッチンではこういうところが大事なんです。

切った野菜や調理の途中工程のものは、陶器のお皿などに入れてましたが扱いにくい、衛生面、重ねにくいなど欠点がありました。プラスチック製の容器も使っていましたが、軽過ぎて傾いたり、安定感がなく洗いにくい。置き場所がなく棚にしまうと二度と使わなくなる。

ステンレスなら熱湯消毒もしやすいし、いろんな大きさが揃ってるので、肉の塩麹漬けなんかはラップしてそのまま冷蔵庫へ入れたりもできます。

平べったいステンレスパットもありますが、冷蔵庫内や調理台で場所をとるので、狭いキッチンでは出番がほとんどないです(片栗粉などをまぶすときにしか使わなくなる)

 

www.muji.net

大きさが中型のステンレスボウルは、私の持っているザルにちょうどハマるので、何かを洗ったり茹で上げたあとの水切りの受け皿としても活躍できしかも場所を取らずに安定しているので傾いてこぼれたりしない。ストレスが減りました。 

シリコン製のスパチュラ

www.muji.net

ブルーベリージャムやアーモンドペーストをパンに塗って食べるのが好きです。ピーナツジャムなどの粘着性のあるものはシリコンの小さめのヘラがあるとキレイにこそぎとってくれるので瓶をきれいにしてゴミに出せます。

私が購入したときはカラーは白色があったのですが、今は店頭でも黒色しかみかけません。 

 

無印良品の食器

スーパーの食器売り場などでも安い食器は置いていますがちょっとダサい。こちらはシンプルで料理が美味しそうに見えるのと、ちょうど良いカタチで嬉しいです。

 

www.muji.net

オーソドックスなお茶碗は小さすぎるし、どんぶりだと大きく重たくお洒落じゃない。

丸みと深さがちょうど良くて、ご飯をしっかり食べて、上におかずを盛ったりもしやすいし、お茶漬けみたいのもいけそうだし。ちょっとした麺類にも使える。

 

 

ベージュの優しい色合いで、深さもちょうどいいのでカレーライスにも使えるお皿です。↓

www.muji.net

 

 

グローバルの小さいめの包丁

口コミでみて買いました。口コミ通り使いやすいです。 

グローバル ペティーナイフ 刃渡り 13cm GS-3

グローバル ペティーナイフ 刃渡り 13cm GS-3

 

握りやすいです。

重みもあるので安定感があります。

半分に切られたカボチャをよく購入してますがこの包丁で切れます。

刃を研ぐのは、デパートのキッチン売り場に持って行き依頼します。何日間かで研がれて戻ってきます(デパートによって違うようですが1000円くらいでした)

研ぎに出している間の包丁がないと困るので、2つ所有してローテーションしています。

 

購入前に、店頭で実際に触って、使いやすさを確認してから購入した方がいいと思いました。失敗しないお買い物は、やはり実際にお店に足を運ぶことが大切ですね。

 

 読んで頂きありがとうございました。