読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庶民に愛される自然食品へ行く理由

こんにちは。ジョーです。

 

 私は20代で命に関わる大病をしました。

病気をする前は、食品についてほとんど考えたことがなかった。近所のスーパーで、野菜、ウインナー、パン、牛乳、豚肉、麺類、飲むヨーグルト、インスタントラーメン、お菓子など適当に食べたい物を買っていた。体調が悪くなってきてリンゴやバナナ、サラダ等を食べたりしたが既に遅し。大きな病気にかかってしまった。振り返ると、病気になる1年前からは味噌汁、みかんなどを口にしていなかった。ずっと体調が悪かったのに気づかないふりしていた。当時、一人暮らしになったりで健康や栄養について無頓着で、怖いもの知らずだった。私個人の体質の問題で、人よりも病気にかかりやすい爆弾を持っていたということだと思う。

 退院した後、家の近くには良心的で庶民に愛される自然食品店があることを知った。何でその店の存在を知ったのか覚えていない。食品や野菜なんてどれも同じだと思ってたけど病気がとても辛かったのでもうこりごりだった私は、体に毒はなるべく入れない生活をしようと思った。

 本能的にリンゴは体にいいと思っていたので、初めて自然食品店で小ぶりなリンゴを買った。半分に切って食べた後、残りの半分をラップして冷蔵庫に入れていた。味については普通のリンゴとの差などわからず。でも残ったリンゴをみて、その違いははっきり目でわかった。

私が一般的なスーパーで買ったリンゴは切った後に冷蔵庫に入れると茶色く偏食してどんどん不味くなるのに、自然食品のリンゴはいつまでたっても茶色くなることなく、新鮮さを保っていた。

そしてこの店は信頼できると思ったし、20年前から今でも時々買い物へ行っている。引っ越ししても、電車で片道320円かけても、買いに行く。ちょっとした散歩にもなっている。

 

デパ地下や近所のスーパーでも生鮮食品は買えるけど、値段の割にイマイチだったり、安いけど不味かったり。でも、この店は安いのに新鮮で美味しい。

 

こんな張りのあるキャベツ(100円)、他のスーパーではなかなか見かけない。

しかも無農薬のものがほとんど。カボチャ(186円)も安心で値段もお手頃。

f:id:aoisora123:20161227161444j:plain

 

ネギの出来栄えに感動する。誰だ、このネギ作ったのって思う。

福岡産のセロリは3本で160円。デパ地下やスーパーではこんな緑の濃いのはあまり置いてない。福岡の物産館ならこのレベルは置いてあるけど。

ケールも置きだした!スムージーに入れるしかない。ケール2本で130円の3割引。

f:id:aoisora123:20161227161615j:plain

この店のいいところは小さいプレハブのような店なのに、かゆいところに手が届く食品がいっぱい。化学調味料なしのインスタントラーメンも種類が豊富。安心して時々ジャンクフード感覚で食べれるのでストレスもたまらない。

 

彼氏から、にしんそば食べたいというので買った。一袋285円。安い。

f:id:aoisora123:20161227161854j:plain

 

鳥取産のいちご。750円。年末なので彼のために奮発した。これが一番高い買い物。色も香りもいいので迷わなかった。

f:id:aoisora123:20161227162118j:plain

こんなお店がもっともっと増えたらいいと思う。この店は2店舗しかない。

そもそも全国展開なんて考えてないだろうし。

前は、農家の方の顔写真のプレートが野菜の後ろに置いてあったりもしたが、信頼しきっている私はこの店のものならこだわらずに買っている。

この店へ行く理由は、わざわざ食品選びにこだわらなくて済むから楽なのです。

いちいち裏の原材料の表示を見なくてもいいし。

もう、この店だけあればいい。

こんなに私が愛してることなんて、気づいてないと思うけど。

私は、真面目に野菜や食品を作っている人たちにお金を使うことで、その人たちをサポートしていることにもなるし、いいことをしている気分にもなる。

宅配サービスをやっている有機野菜も一時的に利用していたことはある。

でも、便利だとわかっているけど、私はこの店に行くのが好き。

20年前に、この店に恐る恐る通いだして、挨拶もろくに出来ない私を、ずっと受けとめてくれている。

そんな弱い自分だったときを知っているこのお店に愛着がある。

もう一つの店舗も同じ気持ちで時々行ったりする。

ハワイのホールフーズマーケットも大好きだけど、まだ愛しているまではいっていない。そもそも遠すぎる。

この店があってよかった。

みんなから愛されているお店。