読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不純な動機 テニスボールでマッサージします

からだ

こんにちは。ジョーです。

今日テニスボールを2個買いました。

デパートでは2個で900円程でした。(ホームセンターでも売ってるようです)

時代は変わりテニスボールはデパートのマッサージ用品の売り場にありました。

 

f:id:aoisora123:20161213164156j:plain

 

テニスボールで自分の首や、腎兪のツボを押したい。

テニスボール2個をストッキングや靴下に入れて固定し、後頭部と首のくびれに置いて仰向けに寝るだけで、ストレートネックを調整してくれるそうです。 

わたしは腰の下にボールを置いて仰向けに寝て腰や腎兪付近のツボをマッサージしてます。

 

 きっかけは先日彼氏にマッサージをして欲しいと言われ、本当に効くマッサージを施してあげたいと思い、書店でマッサージ系の書籍を探しました。

いろんなマッサージの本があって楽しく自分のために4冊購入しました。

f:id:aoisora123:20161213164411j:plain

 整体など一度やってもらいたいのですが、よっぽど上手な先生にしてもらわないと「よけいに悪くなる」ケースもあるらしく、値段や相性などもあるから探すまでに至らまず。自分でまずできることをやってみようと思いました。

 

ハンドマッサージは心もほぐれる

 以前ハンドマッサージをお試しでしてもらったことがあります。とても気持ちがよいです。自分の手の平は自分の両手でマッサージできないのが残念。だから人にやってもらうと本当に幸せ。手の平の内側にもゴリっと凝っているところがあり、そこをしごいて流してくれます。自分の手、こんなに流れが滞ってたんだと気づきました。みるみる手の平から全身も心もほぐれます。ハンドマッサージって、足裏マッサージより大好き。「ハンドリフレクソロジー」やってもらいたいです。とにかく見ているだけで気持ち良さそう。

 

グーの手で上下、左右にさするだけ

 両手をグーにして、自分でおヘソ周りのマッサージ方法や、うつぶせにした人への腎兪のツボのマッサージの仕方もわかりやすい。あるホットヨガクラスでこのグーのマッサージを教えてもらったのを思い出し、すっかり忘れてたのでまた自分でやろうと思います。あのヨガクラスでは腎臓にいいマッサージを教えてくれてたことがわかりました。

 

 

アレンジがいっぱい。筋膜リリース。

 私は毎日同じ姿勢で長時間座っての仕事のため、マウスを持つ右の肩と首が凝り、ある日、痛みだして数日間辛い日々を過しました。本当に首が痛くて回せない。首をなるべく動かさないようにすればいいんですが、姿勢もおかしくなる。この本はセルフでできるし、タオルを使ってストレートネックの治し方がある。椅子、うつぶせ、壁、ボール、タオルを使ったり。間違った例も写真付きであるので、ポイントがわかりやすいです。

 

マッサージのあれこれ

 今回はパートナーからマッサージをしてほしいと要望があり、これをきっかけに自分の知識も深めセルフマッサージに役立てたい。ただ他人にマッサージをする場合は気をつけないといけないことがあるようです。

目的を決める

ストレスの緩和、毒素の排出、痛みの緩和、血行促進。

加える圧に注意する

コミュニケーションを取りながら圧を調節する

反射区は深いところにあることが多いため、ゆっくりと働きかける

マッサージをしてはいけないこと、してもいいこと

炎症、腫れ、皮膚のできもの、内出血、静脈瘤、発熱、妊娠、骨折などは、マッサージはしない。ハンドヒーリングといわれる「手当て」であればいいとされています。ただ患部に手を当てる。これは自分の経験からありますが、手を当てて、そこに話しかけるだけでリリースされていくことがあります。

まずは自分自身を癒す

まずは自分が癒されていること。ストレスフルでイライラ、忙しくバタバタしているマッサージ施術者にしてもらいたい人はいない。私が受けたお試しのハンドマッサージをしてくれた女性は、ふわっとして落ち着いて優しい雰囲気の方でした。彼女の手は白く柔らかくきめ細かい肌で、私の痩せた掌をマッサージしてくれました。みるみる彼女の手の温度が上がり、彼女の手から何かのビームか遠赤外線がでてるのだろうかって思うほど。私の萎縮した硬い掌がほぐれていきました。そして心も内臓も全身の関節もゆるんでいくようでした。

 

 これからの季節、お風呂上がりに好きなアロマのオイルで足などをマッサージしてから寝ると眠りの質も良くなります。私の場合、寒い季節のときは膝や足首の関節部分をオイルでマッサージして血行が良くしています。関節の痛みは、始まってからだとなかなか治すのは大変なので予防の意味でもヨガやストレッチで柔軟性を保ち、体の声に耳を傾け、まず自分の体を一番大切に扱うように心がけます。

 どんなに体が柔らかいヨガの先生でも、一日寝ると朝には体が硬いそうです。人間の体は動かなかったり、高齢になると硬直への速度が早いと思います。関節や体が硬直していると、心のキャパシティー、スペースも狭まります。何もかもが億劫になります。人は自然と同じで、風、水、火、木、地などの要素と同様に動きがあって、エネルギーが循環するのだと思います。(中医学では木火土金水の5要素だそうです)。足を怪我して寝たきりになると急激に人は衰えます。マッサージで自分の気、血、水を意識してみるだけで、自分で気づかないストレスや胃腸の不振、手の平の凝りや足裏の滞り、ふくらはぎの冷えなどに気づき、自分を癒す方向へ動けると思います。

 

読んで頂きありがとうございました。