読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

54枚のカード、1枚をひいた結果。バガヴァッドギーターカード その2

趣味

こんにちは。ジョーです。

前回バガヴァッドギーターカードを初めてひいてから3ヶ月がたちました。

 

↓ 前回のカードはこちらです。 

 

なんとなくそろそろかなと思いつき、今の自分へのメッセージに耳を傾けようと思い、シャッフルしてカードを一枚ひきました。

結果は、とても耳の痛いメッセージでございました(笑)

  

 49番目のカード・タマス(鈍質)

怠惰と迷妄、無関心、タマスを抑える生活

 

f:id:aoisora123:20161204113351j:plain

 

 

<以下は解説書の抜粋です>

鈍さ、不活発さ、怠惰や不注意、迷いは「タマス(鈍性)」の質が多くなっている時に現れる。クル族の喜びである者、アルジュナよ。

 

体が休息したり、眠る時に高まる質が「タマス」です。タマスが優勢になることで、人は休むことができます。しかし、多すぎるタマスはヨガの達成を妨げてしまいます。タマスな質が多くなりすぎると、人は重く、鈍く、不活発に、無関心になります。不活発、無関心、不注意というタマスは人を無知に縛ります。タマスの質が多ければ、真実の知恵を知り、自由に至るヨガの達成は難しくなります。なぜなら、鈍い質が聖典の理解を妨げ、知性の輝きに暗い影を落とし、無知の闇で真実の明かりを覆い隠してしまうからです。 

<さらに解説を抜粋します>

ヨガを志す際には、タマスをできるだけ抑える生き方が必要です。

食べものについても、タマスが多い食べものをとらないようにする

控えるもの

  • きちんと料理されていないもの
  • 栄養が欠けているもの
  • 調理してから時間がたっているようなもの
  • 傷んでいたり、腐敗しているもの
  • 新鮮さを失ったもの

大切なのは、「サットヴァ(純質)」の質を高め、取り入れること。

サットヴァなものとは、

新鮮で、美味しく、みずみずしいものや調理ができたてのものなどです。

自分の身体を大切に扱うようにしましょう。

 

普段の行いでは、

謙虚な姿勢で祈り、早寝早起きをし、食事、勉強、仕事の時間を定め、

リズミカルに規律正しく毎日のやるべき事をきちんとこなすこと

このような生活はタマスを減らします。

 

控える行い

  • だらだら食べない
  • おしゃべりやお昼寝で時間をつぶさないようにする
  • 朝は日の出前に起きる
  • ヨガで体のしなやかさを保つ
  • 姿勢正しく、機敏に動くことでタマスに打ち克つサットヴァの質を高める
  • 夜寝る前に少し瞑想をして穏やかに毎日を過すよう心がける

 

本来サットヴァな行いも、心がけ次第でタマスになってしまうことがあります。

 控える行い

  • 祈る対象が幽霊や霊的なものに偏ってしまうこと
  • ヨガが投げやりで自分の身体を大切にしていない
  • 他人に迷惑をかけるような間違った修行法

寄付や慈善事業というサットヴァな行いでさえも、相応しい場所、時間を考えずに、必要としている人に渡されなければ、タマスになります。

 

控える行い

  • 親切を受けたのにお礼をしなかった
  • 不注意や妄想から生まれる行い
  • 期日や約束を守らない

これらもタマスを増やしてしまいます。

 

 高い志を見失わないようにして、他人を大切に、そして自分にも優しさと規律を持って接する態度でタマスを抑え、思慮深く、落ち着き、知識ある人から謙虚に学ぶ姿勢でいましょう。ヨガに相応しいサットヴァ優勢の心と体と準備するために、改めるべき点があるなら、今から思い切って変えてみます。

 

 このカードを引いた、あなたの部屋や机、棚やクローゼットは汚れていませんか?

 

 必要なものを必要なだけ持つようにしていますか?汚れに気がついたら、すぐにキレイに掃除し、要らないもの、無駄なものがあれば、きれいさっぱり捨てましょう。あなたの生活から、重たいタマスのエネルギーを取り除くのです。

 

 心と体を不活発にする古い食べものが冷蔵庫にあったらすぐに捨て、いつもフレッシュで栄養のある食べものを美味しく、感謝してとるようにします。

 

 気をつけたいのは、どんな美味しくサットヴァな食べ物も、食べ過ぎれば重く、眠くなり、体と心はタマスとなります。

 

 怒り、興奮してテレビを見ながら、騒がしくおしゃべりをしながら食べれば、どんなにサットヴァといわれる食べ物も、体に入れた時に「ラジャス(激質)」となるのです。

 

  落ち着いて、テーブルを清め、楽しく、丁寧に、適量を味わうように食べ、決まった時間にきちんと寝起きし、心穏やかに日々を過ごすことが肝心です。

 

 まっすぐで迷いのない心を養うように、意識して生活していれば、無理をしなくてもヨガは自然と深まり、何が本当に自分は求めているのか?生きる目的も考え方も、はっきりと見えてくるはずです。清々しく毎日を過ごすことは、あなたをヨガの生き方に運んでいってくれるでしょう。

 

バガヴァッドギーターとは、聖書の次に世界中の人々に知られるインドに古来から伝わるヨーガの経典の一つです。世界の真実についてと、真実を理解するための方法としてのヨーガについて書かれています。

バガヴァッドは、富や知恵、名声、力。ギーターは、歌という意味があります。700のサンスクリット語で綴られた詩です。 

 

いかがでしたでしょうか。

わたくしジョーは、このカードをひいて反省しました。

バレまくりという結果でした。

今の仕事はシフト勤務のため、食事、起床、就寝時間は定める事ができないのが一番のいい訳ですが、シフト勤務であっても、きちんとした生活をされている方はいっぱいおられ、自分は甘ったれておりました。

 

 このバガヴァッドギーターカードは、カード毎のテーマにそって

おすすめのヨガのポーズの解説もありとても親切です。

 

 タマスに打ち克つ為の、やる気をみなぎらせるおすすめのヨガのアーサナは、

逆転のポーズだそうです。

ヘッドスタンドや逆立ちのような頭が下にくるようなポーズは、

血流を促し、心も体も活発になり、タマスを減らすそうです。

 

 

 

 

読んで頂きありがとうございました。