読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モロカイ島 癒しの島 

続・モロカイ島の思い出。

モロカイ島にきて、宿のオーナーの女性の方から

「モロカイ島は、呼ばれた人しか来ない」と聞いてしりました。

 

f:id:aoisora123:20161126233511j:plain

 

私はただ、ミュールツアーに参加したいから来ようと思いついたのです。

なぜこの島に呼ばれたのかまったく身に覚えがないです。

 

しかし、不思議なことがありました。

 

この宿にきた日本人女性の名前が、明らかに2つの名前が多い。

私と同じ名前「○○子」と、もう一つの名前○○○です。

私が泊まった部屋に、ゲストハウスなどに置いてあるようなノートがあって、

ペラペラと読んでいて気がつきました。 

それを宿の方にきくと、やっぱりそうだと言われました。

 

なんで2つの名前が多いのか。

モロカイ島に来る人は、オアフ島より少ないし、統計とは明らかに違うレベル。

何人かの私と同じ名前の人たちが、この島によくきていたから、

島の人に紹介されると、相手は私のことを「ああ!○○子!」と以前の人と

間違えることもありました。

 

 

 

モロカイ島は癒しの島と後で知ることになるのですが、

滞在中にそう実感したことがありました。

 

 

 

モロカイ島のスナップ写真。

f:id:aoisora123:20161126233706j:plain

カウラパパ半島でのガイドさんのお友達だそうです。

ツアーのときにいつも餌をあげるんだそうです。

とても人懐っこくて大人しい猫でした。

 

 

f:id:aoisora123:20161126233830j:plain

ブーゲンビリアは原色がキレイで青空とのコントラストが

元気をくれます。

この花がとても好きになりました。

日本でこの花をみかけると、ハワイを思い出します。