読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイ島はBig Island。広くて奥深く新しい島。

ハワイ

ハワイなんて、行かないもん!という私だったので、

ハワイにいくつ島があるかも知りませんでした。

一般的にみんながゆうハワイは、

オアフ島のことを指すのも2014年に知った。

 

ハワイのガイドブックはいっぱいあるけれど、

ちょっと格好つけてLonely Planetというガイドブックを買ってみた。

f:id:aoisora123:20161123190205j:plain

 

英語なのでよくわからないけど・・・挿絵の写真がとってもクリアで

うっとりと見とれた。

まだ、どの島へいくか決めておらず、マウイ島か、ハワイ島か、、、

ネットなどで宿なども調べてみたけど、

ハワイは、ヨーロッパと違ってドミトリーなどの安宿がほとんどない感じでした。

Airbnbとか、カウチサーフィンとか使いこなせてたらいいのでしょうけど

旅慣れていないわたしには、難しく、会員登録もできそうにない。

 

とりあえず、参加したい現地ツアーをしぼって、

宿は、ガイドブックやネットで探しました。

 

昔、ヨーロッパの旅で、宿を探しまわるの疲れきったから、

今回は同じ宿に滞在するようにしました。

おかげでのんびりしたり、お昼寝もしたりして、

私の1ヶ月のハワイ癒しの旅として過すことができた。

 

ホノルル空港に到着してすぐ向かったのは、

乗り継ぎでビッグアイランドと言われるワイ島

 

たまたま、ハワイの旅の1番目の島に選んだのだけど、、、

後から、ナイスな自分の選択に、これでよかったんだと嬉しかった。

ワイ島は、未だに溶岩がうごめく成長し続けている島。

ツアーガイドさんにきいたところ「破壊と再生」の島。

変容・変化」をもたらす島。

ここの島に来た人は、その後、

仕事が変わったり、

自分の日常や関係に変化がでてくるひとが多いらしい。

 

私はリストラされた後、ハワイに来たので、仕事については

どうでもよかったけど、

何が変わるのかは、そのときは期待も意識もしなかったです。

 

ワイ島は一日のうちに、いつも雨が降る時間があり、

たまたま私が滞在した1週間が、そういう季節だったのかわからないけど

雨上がりの虹をみたときは、嬉しくて、歓迎されている気分になった。

ハワイで虹をみると、「またハワイに呼ばれる」って

何かで知ったからです。

 

f:id:aoisora123:20161123191219j:plain

ホテル(2階か3階)のバルコニーからの眺め。

少し遠くに海が見える。

この時の私には、この景色でさえも感動していた。

何もかもが初めてのハワイ。

バルコニーの椅子に座って、スーパーで買った朝食を食べた。

それだけで、テンションは上がったのです。

 

 

f:id:aoisora123:20161123191510j:plain

ワイピオ渓谷。ここで乗馬ツアーに参加した。

 

ワイ島の北東の海岸に位置するワイピオ渓谷。「ワイピオ」はハワイ語で「曲がりくねっ た水」を意味します。ウミ王の時代まで古代ハワイのアリイ(王族)が住み、首都機能を果 たす土地でした。その歴史上の重要性に加え、ワイピオ渓谷はハワイ人にとって神聖な 場所です。かつて数多くの重要なヘイアウ(寺院)が存在し、渓谷を囲む険しい断崖には 古代の葬窟があり多くの王が埋葬されています。ハワイの神にまつわる古代からの言い 伝えの多くはワイピオ渓谷を舞台としています。 

 

どことなく、寂しさも感じさせる空、雨、雲、霧、波、溶岩の色。

大地に息吹く生命はとてもパワーのあるものばかり。

まだ日本の感覚が取れずに、この大地にきているけど、

3日目くらいに、鏡にうつった自分の顔に驚いた。

自分の顔が、ハワイの人たちのような顔に見える。。。

そんなに影響されるの早いのか・・・

自分でもびっくり。何をしたわけでもないのに、、、

このことは、客観的にも当たっていた。

帰国後に会った友人に

「おかえり〜。表情、顔がハワイの人っぽいよ〜」って言われたから(笑)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

 

/