ブライアン・ワイスの「前世療法」

ブライアン・ワイス氏は、両親の愛情に満ちた家庭で生まれ育ち、学校の成績も良く、大学生の時には精神科医になることを決めていた。

幸せな結婚生活、2人の子供をもち、仕事も順調だった。

ワイス氏はなぜこの本「前世療法」を書こうと思ったのか。

ある日、シャワーを浴びている時に、これ以上もう隠しておいてはいけないと強く感じたという。

 

ブライアン・ワイスとは

コロンビア大学を卒業し、エール大学大学院医学部で医学博士号と取る。

同大学院精神医学課で専門医学実習を修めた後、いくつかの有名な医科大学で教え、精神薬学、脳化学、不眠症うつ病、不安症、薬物中毒による精神障害アルツハイマー症などに関する40以上の論文を発表した。

本の出版は「コリンの働きに関する生理学」と題する一冊だけだった。

 

本人は自虐的に述べている

「コリンの働きに・・・」の本は不眠症の方が読めば眠くなるという効用はあったかもしれないが、この本はほとんど売れなかったと。

自身はコチコチの左脳人間で研究熱心だったし、超心理学のような「非科学的」な分野は完全にバカにしていたし関心も向けてこなかったとのこと。

過去世、輪廻転生について何もしらないし、知ろうとも思わなかった。

 

マイアミビーチにあるシナイ山医療センターの精神科部長になり、1年ほど経ったある日、ワイス氏が出会った患者が、キャサリンという女性でした。

 

1980年 キャサリンとの出会い

キャサリンは、不安感、恐怖感、強迫観念、うつ病、悪夢に悩んでいた。

2人の知人の医師から「ワイス氏の治療を受けなさい」と紹介されていたが、本人はワイス氏に会うまでに2ヶ月もかかったという。

 

キャサリンとは

イングランド出身(カトリック教徒)の当時27歳の独身女性。

神経症と強迫観念に悩み、助けを求めていたが、ひどく落ち込んでおり、感情的な動揺が激しく、日常生活も仕事もうまくいかなくなっていった。

恐怖と強迫観念は悪化していき、周囲からも彼女が不幸そうで神経が高ぶっているため声をかけようと思ってもためらわれるほどだった。

他の顔見知りの医師が彼女を見かけて「なるべく早くワイス氏に会いなさい」と強く言った。その医師はあのとき、なぜ自分がそんなに強く勧めたのか驚いたという。

 

ワイス氏がキャサリンの治療を開始

18ヶ月の間、彼女の症状を改善させるために従来の様々な治療法を試みたが、どれも功を奏しそうになかった。

 

ワイス氏は催眠療法を試すことにした。

 

キャサリンに出会ってから、ワイス氏には信じがたい事象が起き、魂は死なないことを知った。

 

「前世療法」の本を出すまでに4年かかったという。

学会でまだ認められていない情報を公表することに勇気が必要だった。

真面目に努力し研究を続け、患者の治療に励んでいたが、科学で証明されていない事象を公表することで、これまでのキャリアも地位も全て失くす恐れがあった。

 

キャサリンの症状

  • 緊張して神経質
  • 早口でしゃべり前屈みに椅子に座っていた
  • 恐怖でいっぱいで、水が怖かった
  • 息が詰まるのではないかと恐れて、錠剤を飲み込むことができなかった
  • 飛行機に怖くて乗れなかった
  • 暗闇が怖かった
  • 安心できるようにとアパートとの戸棚で寝ることもあった
  • ベッドに入っても数時間眠れなかった
  • 眠りが浅く断片的で何度も目を覚ました
  • 悪夢に悩まされた
  • 寝ぼけて歩き回る子供の頃のくせがでてきていた

ワイス氏は、これらの症状の根本原因を探る。一般的には子供時代の出来事を思いだすことで苦悩から解放されるという。

 

キャサリンの恐怖の記憶

  • 彼女が5歳の時、プールの飛び込み台から誰かに突き落とされたこと
  • 11歳の時、母親がうつ状態になり家族とうまく話ができなくなり精神科医へ行き、電器ショック療法を受けた結果、記憶力が著しく低下
  • 父親が長年のアルコール中毒だったので、両親のいさかいが激しくなっていた
  • 母親は次第に暗く、黙りがちになった

キャサリンは家の外ではうまくやっていたが、人を信頼できないことに気づいていた。

彼女は特にこだわった宗教心も信仰ももっておらず、輪廻転生の概念すら知らなかった。

高校を卒業後、検査技師の資格をとり大学付属病院で働いた。

子供が2人いる既婚男性(積極的で力強いタイプ)と付き合い6年が経っていたが2人の関係は燃えさかっていた。彼から酷く扱われているのに彼女は彼にさからえず、別れなかった。

 

彼女は回復たあと、当時の自分を冷静に分析している。

当時付き合っていた彼氏とは関係を終わらせるべきだったのにできなかったこと。

女友達(キャサリンが人を信頼するようなことを言うと、必ずその人の悪口を言って、不信感を持たせるという)がいたが、自分に悪影響を与えている人とは距離を置いた方がいいのにできなかった。

 

幼少の頃から怖い思いや辛いことを経験したのね・・・とわかるが、普通なら回復してもいいはずなのにキャサリンはすぐには回復しなかった。

 

ワイス氏はなぜ回復しないのかわからなかった。

 

「退行催眠で現在の症状の原因となっている過去までさかのぼりなさい」と指示した後、キャサリンは過去世の記憶とつながり、その時にどのように死んだのか、どのような生活だったか、匂い、感触、手触り、体温などリアルに思い出しながら語り始めた。 

 

 

 

過去世を思い出すこと。

それだけで、キャサリンはどんどん回復していった。

 

このキャサリンは回復しただけでなく、より健康的で魅力的な女性に変わっていった。

本来持っている彼女の美しさが見事に輝いていったそう。

穏やかで、幸福感があり、治療中にマスター(精霊)からのメッセージをワイス氏に伝える媒体となったがために、以前よりも直感も鋭くなった。

人を信用できるようにもなった。

 

そして、何よりもこのキャサリンという患者にであったことで、

ワイス氏本人がもう元には戻れないほど変わってしまったという。

 

 

reincarnation

生まれ変わり、輪廻転生という意味の英単語。

この英単語との出会いがきっかけで、ブライアンワイスの本を知りました。

 

 本の紹介

 

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

 

 

 

 

f:id:aoisora123:20170409113414j:plain

 

 

「前世療法2」に続きます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モロカイ島 ミュールツアー

モロカイ島のミュールツアー。

ミュールは、ロバと馬のあいのこの動物です。

 

f:id:aoisora123:20161126201357j:plain

この白色のメスのミュールが私のパートナー。

ミュールは性格が穏やかで大人しい傾向があるそうです。

 

ご一緒した参加者たちは

たまたまアメリカ本土からの旅行者ばかりでした。

みんなで簡単な自己紹介とミュールライドの説明を聞いて出発。

f:id:aoisora123:20161126201716j:plain

f:id:aoisora123:20161126201726j:plain

 

f:id:aoisora123:20161126201743j:plain

 

f:id:aoisora123:20161126201843j:plain

輝く水平線が見えてきました。

こんな美しい景色は初めてで、

感動して涙がでそうになりました。

 

ここからは崖を降りていきます。高低差は400m以上。

距離は、片道、約5kmほどだそうです。

 

f:id:aoisora123:20161126201851j:plain

前方に見えるのが、カウラパパ半島。

 

f:id:aoisora123:20161126202229j:plain

ミュールが1頭しか通れないほどの幅の道をおりていきます。

くねくねと曲がり角があるので、最初はちょっと怖いけど、

みんなと一緒だから平気です。

先頭と最後尾にガイドさんがいてくれます。

 

f:id:aoisora123:20161126202236j:plain

うっそうとした森の中もゆっくり歩きます。

 

 

無事に崖の下にある海岸まで降りたら、ミュールはいったん休憩にはいります。

ツアー参加者は、スクールバスを再利用したツアーバス

カウラパパ半島の歴史めぐりとランチへ行きます。