春:体と心のお掃除

こんにちは。ジョーです。

 

だんだん春が近づいてきました。

春は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、

冬に溜め込んだものを外に出していく季節だそうです。

東洋医学でも春の季節は、五行の中の「肝」に関連し、解毒の季節だそうです。

 

人間は、季節のサイクルにあわせた生活にしていくと、

身体も精神面も健やかに過しやすくなるそうです。

 

人間も動物も植物もあらゆる生命活動を行うものは、

住んでいる土地の環境に合わせていく方が、

負担が少ないということなんでしょうか。

 

春がくる前の、冬の過ごし方

アーユルヴェーダでも東洋医学でも冬は「腎臓」「膀胱」が活性化する季節といわれる。

腎臓を冷やして弱らせないようにケアする。

腎臓の機能が弱まると、精神面では憂鬱、不安、恐怖症などネガティブな感情になりやすくなります。

 

冬は、クリスマスやパーティー、初詣などイベントが沢山あります。

腎臓は冷えに弱い臓器ですが、お酒や甘いもの、夜更かし、外出で、クタクタに疲れさせてしまわないよう、規則正しい早寝早起きや、温かい滋養のある食事で体力を温存しておくのがよさそうです。

 

腎臓を思いやらず、酷使してしまうと、次の季節の春では、怠かったり、風邪が長引いたりと元気に過ごすことができません。

身体を温める根菜などのスープ、煮物など、ある程度のたんぱく質をしっかり取った方がいいようです。

 

腎臓のケアについての記事がありました。

macrobiotic-daisuki.jp

 

冬の間に、過剰に動物性のものを食べ過ぎていたり、

乳製品をとり過ぎたなどがあると、

春に花粉症や鼻炎などの症状がでて、粘液として出てきやすくなるそうです。

体に残っている余分な粘液、不要な水毒を一生懸命、体外へ捨てようとしている。

だから、花粉症を止めてしまうお薬なんか飲んだりしてたら、後々、余計に体に悪そうで怖い・・・

バランスが崩れているから、バランスを取ろうと頑張っているのに、、、

余分な粘液や水毒は、出しちゃった方がいいと思う。

 

春の過ごし方

春は、植物が芽を出します。冬の間に温存したエネルギーを創造、活動につかう。

f:id:aoisora123:20170226202239j:plain

肝臓」「胆のう」が活性化する季節。

「肝臓」は「目」にもつながっている臓器。

「胆のう」は、肝臓の老廃物を流す。脂質の消化吸収を助ける。

 

「怒り」の感情は、「肝臓」「目」「腎臓」「爪」などに影響を及ぼす。

怒りは、関節を固くしたり、こわばったりする。

怒りを水に流す、手放す、許すイメージで、ストレッチやヨガがいいと思う。

 

 

 

養生訓 25年4月

陰陽五行では、春のキーワードは、木=春=肝=胆=酸。肝臓や胆嚢といった解毒器官が活発に動く季節で、それを助けてくれるのが苦味の春の旬もの。デトックスしようとする身体の動きを邪魔しないように、甘いものや油っぽいものを控えめにする。

 

 

 

鍼灸の先生からも、春は色の濃い青野菜や海藻など食べたらいいよと言っていました。

 

 

アーユルヴェーダでは体質を3つの性質に分ける

ピッタ(火)、カパ(水)、バータ(風)。

自分がどの性質の傾向が多いのか、チェックしてみるのもいいかもしれません。

 


  

jyouka.exblog.jp

酸味は、肝臓をやしなう。梅干しや柑橘類、酢のもので、酸味を取り入れる。

断食は「胃腸を休める」イメージが強いですが、実は食べ物が入ってこないことで、1番喜んでいるのは「肝臓」。

肝臓は、常に身体に入ってきた物を解毒しています。入ってきた物が、添加物まみれや、高カロリーなものだったら、肝臓に大きな負担をしいています。

断食をしてあげると、イライラ・カッカしていたのが嘘のように、熱はおさまり、心が穏やかになります。

肝臓と「怒り」の感情には密接な関係があって、東洋医学では、「肝臓を悪くすると、怒りが出る」や、「怒ると肝臓が悪くなる」というように言われています。
 

 

肝臓と感情の「怒り」はつながっている

体の「肝臓」と、感情の「怒り」は密接につながっている。

これはヨガの座学でも何度か聞いたことがあります。

 

春は、身体のお掃除、デトックス、怒りも手放していく。

過去は忘れて、許して、新しいエネルギーを創造する。

軽く動いて、軽く考えて、フットワーク軽く過す。

 

肝臓は、感情の「決断」についても関係している

春は変化の季節。

決断して動いていく。

古い感情、古い物は、手放して、断捨離して、

自分の中にスペース、空間、余裕を創りだし、

新しいことにたいして心をオープンに広げ、変化を受け入れていく。

ヨガのポーズでは、胸を開くポーズをしていくと、心にも作用していきます。

 

春は、濃い緑色の野菜(菜の花、パセリ、グリーンピース、ちんげん菜など)が解毒につながる。

酸っぱい味のものは、肝臓の働きを助けてくれる。

 

googirl.jp

 

春を迎えたが、心身のバランスが崩れているときは、

以下の症状が出ているかもしれない。

  • 普段より眠い
  • 気分の落ち込み
  • 鼻水などの粘液がでる
  • 体がむくむ
  • 重くて、動きたくない

生姜、ターメリックやウコン、スパイスなどを取り入れて、気分も体も活性化させていく。

軽く考えて、軽く動いていく。

太陽の光をあびて、ウォーキングする。

山歩きにもいい季節。

やりたいことを始める。

 

 

デトックスレシピ

デトックスのイメージのゴボウとコンニャクのレシピです。

f:id:aoisora123:20170226142222j:plain

  1. ゴボウは、切ったあとに下ゆでしておく
  2. コンニャクは切ったとに塩揉みしてしばらく置いた後に下ゆでする
  3. ごま油でゴボウを炒める
  4. コンニャクを入れて炒める
  5. 料理酒を目分量で入れる
  6. 茅乃舎 椎茸だし を一袋(袋を破って中身をすべて)入れる
  7. 醤油を目分量入れる

 

ゴボウとコンニャクは味がないと食べられないし、出汁で炒め煮しても水っぽくてうまくいかない。豚肉や牛肉がないとコクがなくて物足りない。

でもデトックスレシピに肉は入れたくない。

そんな時は無添加の粉末のだしや「茅乃舎 椎茸だし」で旨味を足すと炒めるだけですぐ出来ます。

 

ヴィーガンカフェのランチも肝臓に優しい。

f:id:aoisora123:20170226143749j:plain

 

 読んで頂きありがとうございました。