スペイン巡礼:【Day 8】Viana → Navarrete (22.8km)

【5月27日(土)】

 

天気は晴れ

今日も歩けるところまで歩いてみようと思った。

 

f:id:aoisora123:20170918235600j:plain

f:id:aoisora123:20170918235618j:plain

f:id:aoisora123:20170918235711j:plain

f:id:aoisora123:20170918235734j:plain

f:id:aoisora123:20170918235747j:plain

Logroñoという町へ入った。

ログローニョ - Wikipedia

 

f:id:aoisora123:20170918235804j:plain

f:id:aoisora123:20170918235832j:plain

地面には大きなホタテのマーク。

奥にはピエドラ橋。この橋を渡って行く。

f:id:aoisora123:20170918235852j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918235916j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918235933j:plain

 

f:id:aoisora123:20170919000005j:plain

f:id:aoisora123:20170919000024j:plain

 

f:id:aoisora123:20170919000044j:plain

f:id:aoisora123:20170919000111j:plain

f:id:aoisora123:20170919000130j:plain

f:id:aoisora123:20170919000149j:plain

サンタ・マリア・デ・ラ・レドンダ准司教座聖堂、名前が長い。

町の中心にそびえ立っていた大きな大聖堂。

閉まっていて中には入れず。

ログローニョ、通り過ぎるにはもったいない町でした。

 

f:id:aoisora123:20170919000227j:plain

 

f:id:aoisora123:20170919000249j:plain

安くて美味しいパン屋さんだった。

 

その後、長い長い道をずーっと歩き続け、バルやアルベルゲのある公園へで休憩した。

f:id:aoisora123:20170919000308j:plain

回りの木にリスがたくさんいた。すばしっこいのでカメラのシャッターが間に合わず。

リスって小さいイメージだったけど、ここのリスは大きかった。

f:id:aoisora123:20170919000324j:plain

f:id:aoisora123:20170919000341j:plain

 

f:id:aoisora123:20170919000409j:plain

次の町、Navarreteが見えてきた。

私の足は疲れて、もう歩けない。

自分のペースで歩かないといつも以上に体力が消耗されるということがわかった。

 

f:id:aoisora123:20170919000426j:plain

f:id:aoisora123:20170919000449j:plain

私はこの町に泊まることをTさんに伝えた。

Tさんはこの町にとどまるかしばらく考えていた。2人で教会でしばらく時間を過ごした後、Tさんはやはり先を急ぐためさらに先に進むことにした。

もう会えないだろう。

頑張ってとお互いハグしてTさんを見送った。

 

f:id:aoisora123:20170919000511j:plain

f:id:aoisora123:20170919000535j:plain

f:id:aoisora123:20170919000559j:plain

 

f:id:aoisora123:20170919000616j:plain

アルベルゲはまだ受付が始まっていないが、ザックを置いて順番待ちをした。

受付後、ベッドに寝転んだ。

隣のベッドは、巡礼3日目にバルで相席したフランス人のおじさんだった。

私のことを覚えていた。

名前は失念したがこのおじさんは巡礼は3回目くらいだったと思う。4年前にフランス人の道を歩いており、巡礼はフランス人の道が一番好きだと話していた。北の道は観光客が多いとのこと。鉄の十字架では何かを感じたと話していた。

人それぞれ、好きな道があるのだろう。

前回、メセタの大地は大変だったと言っていた。何もない道がずっと続くんだ、本当に何もないんだよと。

覚悟をしなくてはならないと思った。それは承知の上で、ここへ巡礼をしにきている。

だけど既に過酷な巡礼の道を体験しているので、やる時はやるしかないと思っていた。

 

f:id:aoisora123:20170919000632j:plain

パスタが食べたい!

イタリアのような美味しいパスタにありつけない辛さ。

スーパーで簡単に作れるパスタソースを探したが売っていない。

トマトソース缶は、量も多いしあんまり使いたくなかった。

f:id:aoisora123:20170919000646j:plain

結局、トマトとマッシュルームを炒めてパスタの具にした。

スペインは日本と違ってマッシュルームやトマトが安い。

この三ヶ月の旅の間、このパスタをよく作っていた。

トマトとマッシュルームの疲労回復効果はホンモノだった。

f:id:aoisora123:20170919000726j:plain

この日は、19時頃から眠り続け、翌朝は誰よりも遅くまで眠っていた。

のんびり出発する朝がたまにあってもいい。

自分のペースで歩く方が疲れない。

歩くのが遅い、それがどうしたと開き直るしかない。

Tさんと31kmを歩けたんだもの、やればできたんだから大丈夫さ。

 

【アルベルゲ】

・7ユーロ

 

 

 

 

スペイン巡礼:【Day 7】Villamayor de Monjardin → Viana (31.2km)

【5月26日(金)】

 

天気は晴れ。

 

6時に出発した。

Jさんは既に出発していた。

Tさんにまたどこかで会おうねと伝えて先に出た。

 

 美しい朝焼けの空。

f:id:aoisora123:20170918161901j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918161917j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918161933j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918161946j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918161959j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918162019j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918162037j:plain

 

鳥がたくさん鳴いている。動画です。


MVI 1683

f:id:aoisora123:20170918162123j:plain

途中でJさんに追いついた。

Jさんはアメリカからきた20代の子と2人で歩いていて、しばらく3人で一緒に歩いた。

私が道に迷った間に、Tさんはもう先に歩いて行ったと教えてくれた。

f:id:aoisora123:20170918162151j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918162204j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918162217j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918162236j:plain

前方に3人の人が見えた。先頭の赤いリュックがTさんぽいと思い早歩きするが、全く追いつかず。

f:id:aoisora123:20170918162252j:plain

Tさんに追いつくように頑張って歩いていたら、出発した町から12.4km先にあった次の町、Los Arcosに着いた。

f:id:aoisora123:20170918162312j:plain

ここのベンチで休憩しているTさんとしばらく一緒に休憩した。

この先どこまで歩こうかと話したところ、私は予定通りここから7km先にあるSansolにするつもりだった。

Tさんは18.8km先にあるVianaまで歩くとのこと。

時間はまだ9時半くらいだったと思う。

Sansolに到着してもアルベルゲが開く13時まではだいぶ待たないといけない。

30km以上なんて歩けないと思ったけど、Vianaまで歩くことにした。

 

ここからが予想通り本当に長い道のりの始まりだった。

 

f:id:aoisora123:20170918164532j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164556j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164609j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164625j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164642j:plain

f:id:aoisora123:20170918164702j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164723j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164739j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164757j:plain

ドイツからのペリグリーノのRさん。27kgの荷物は重そうだった。

ゆっくり歩くペースの為、この後会うことはなかったが、丁度、この日から3週間後に道でバッタリ会った。Rさんは別人のように変わっていた。詳しくはまた後日の記事で書きたいと思います。

 

 

Sansolの町で休憩をとった。

Tさんはバルで休憩するのではなく、丘の上の教会で静かに休むのが好きな人だった。

マラソンが趣味の彼女は、普段から少食でベジタリアン、巡礼中はバナナなどの果物をメインに食べていた。

f:id:aoisora123:20170918164814j:plain

Sansolの丘の上の教会から、つぎのTorres del Rioの町が見えた。

f:id:aoisora123:20170918164829j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164847j:plain

 

Torres del Rioという町へ入った。

torresdelrio.es

 

f:id:aoisora123:20170918164903j:plain

12世紀に建てられた八角形の聖墳墓教会 ロマネスク様式



1ユーロで教会を見学した。

f:id:aoisora123:20170918164916j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918164930j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918165003j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918165019j:plain

ここのアルベルゲは雰囲気が良かったのでここで泊まれたらよかったのにねと後で2人で話した。

次の町Vianaまでは、ここから11.3km。

ここからアップダウンの道も増え、石がごろごろした細い山道があったりと、過酷な巡礼道だった。

 

 

日本からのバスツアーの団体の方たちを何度か見かけた。

目が合ったのでJapan?と聞いたら、「そうよ、日本からよ!」と元気に話す明るい方たちでした。

 

f:id:aoisora123:20170919103742j:plain

ツアーの皆さんは歩く時は黙々と歩かれてて、バスツアーでもこの暑い中を歩いてしんどいのは同じだった。

f:id:aoisora123:20170919104003j:plain

日傘をさす方もいる。一列になって歩くツアーの方たち。

 

f:id:aoisora123:20170918165036j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918165054j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918165109j:plain

 

まだかまだかと歩き続け、14時半頃、やっとVianaの町に入り、坂の上のアルベルゲに到着した。

洗濯をして、Tさんと街歩きに出かけた。

 

町の中心に大きな教会。

f:id:aoisora123:20170918172640j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918172655j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918172707j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918172721j:plain

 

教会の中へ。

f:id:aoisora123:20170918234040j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918234056j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918234111j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918234130j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918234150j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918234206j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918172734j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918172750j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918172804j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918172824j:plain

 

f:id:aoisora123:20170918172839j:plain

 

雷が鳴り始めスコールがきたけど、バルでタパスを食べて楽しいひとときを過ごしている間に雨は止んだ。

トレーニング不足の私でも勢いでなんとか30km以上歩くことはできた。

でも翌日はやはり疲れが取れず、Tさんを途中の町から見送ることにした。

 

 

 

 

【アルベルゲ】

・10ユーロ

【教会】

・1ユーロ

 

当時の日記です。

ameblo.jp

ameblo.jp